カラーボールは当たらない

コンビニなどに設置してあるカラーボールも
防犯対策にはなりますが、非常に小さな力しか持っていません。

なぜなら、強盗は『カラーボールが当たらない』ことを
重々承知しているからです。

プロ野球のピッチャーですら、キャッチャーの指示する場所に
ボールを投げることを100%できるわけではないのに
カラーボールを投げたことがない人間が、走って逃げる強盗に
見事命中させることなんてできるでしょうか?

カラーボールが当たったことで犯人逮捕に繋がったというニュースが
たまに報道されるということは、それぐらい珍しいことだからなのです。

緊急噴射装置はその欠点を解消している防犯対策アイテムです。

存在をアピールするだけで犯罪抑止力が非常に高いことと同時に
実際に強盗を捕まえるという意味でも、カラーボールとはレベルの違う
命中率を持っているのです。

緊急噴射装置

相手が車でも人間でも当てることはカラーボールと比べると
桁違いに簡単になりますし、犯人逮捕に繋がる重要な証拠を
自分自身の手で生み出すことができるのです。

犯罪抑止力を高める+犯罪が起こった時に最大限の対策をする

この方程式が、あなたのお店や従業員、お客様、そしてお金を守るための答えです。

 

■商品名■
緊急噴射装置 TES
(特許第3745337号)

■開発経緯について■

発案:愛知県警察本部 生活安全課

発案者:安藤勝幸(当時警部補)

開発:株式会社TESMO(県警OBが顧問を務める防犯関連会社)

開発経緯:名古屋市工業研究所に依頼し、噴射距離・安全性などを
十分に勘定し、現在の形状・性能で完成

導入先:愛知県下の銀行・信用金庫・JAなど

(他県でも導入できます)

小売価格:13,800円

詳しくは以下の資料をご覧ください。

緊急噴射装置 説明書
緊急噴射装置の説明書

緊急噴射装置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る