menu

株式会社アームズプロジェクト

愛知県名古屋市中区錦2-17-11
伏見山京ビル

TEL.052-201-2001

英語が話せるイチロー選手でも通訳をつけています

どこでも通訳へのお問い合わせが増えています。
やはり多くの日本人(企業様や個人でビジネスをされている方)がこれからのビジネスには外国人への対応が必要不可欠であると考えているからだと思います。
以前「誤訳」に関する記事を書きましたが、そういうことを避けたいという意識も強くなっているのでしょう。

誤訳トラブル対策に「どこでも通訳」が必要な理由

イチロー選手が通訳をつけている理由

日本を代表する、いや世界を代表する野球選手のイチロー選手は流暢に英語を話すことができます。
長年海外でプレーをしているから当然と思う人もいるかもしれませんが、そんなイチロー選手はわざわざ通訳をつけています。
確かにいくら英語を不自由なく使うことができても、イチロー選手は日本人ですからやはり小さな発音のミスや間違いにより
自分の言葉がしっかり伝わらないことを避けるために通訳をわざわざつけているそうです。
アメリカに住み、チームメイトとも英語で会話をするイチロー選手ですら通訳の必要性を感じているわけですね。

ところで、「俺は英語ペラペラだよ」と言っていた私の知り合いの話ですが
とあるお店で外国人の方に話しかけた時に全くと言っていいほど話が通じていませんでした。
やはり母国語とそうでない地域の人が話すその言語では差があり完璧にマスターするためには
相当な努力と時間が必要であるということになります。

今後、ビジネスのために外国人の方と接する時、対応する時などに「自分は英語を多少話せるから」程度では、様々な誤解などが生まれることもありえます。
例えばそれをきっかけに口論・トラブルになった時に自分で対応ができるでしょうか?
通常の会話の中ですら誤解が生まれてしまう状態なのですから、緊張感の高まっているときには余計に会話が成立しないと考えるほうが当たり前ではないでしょうか。

そのようなことを考えると、やはり英語や他の言語に対応をできる状況を作っておくことが重要になると思いますし、その解決ツールの1つとしてどこでも通訳をこれからも広めていきたいと当社は思っております。

日常生活の会話とビジネスでの会話では重要度に差がありますからね。